自分にとっての100%は、他人にとっての100%ではない

  • 2018.08.22 Wednesday

河口湖での暮らしも今年で23年目を迎え、家のあちこちが傷み始め、気がついたところからメンテンナスを施している。特に湖を眺めるデッキは殆どが木製で、風雨に晒されて傷みが激しかったので、今年の春にリフォームした。

「7割ほどを本職の大工さんに建ててもらい、あとの仕上げは自分たちでやる」

23年前に自宅を建てる際に、工務店にこのような希望を出した。

残りの3割を自分の手で仕上げることを選択したのは、予算が足りなかったことが大きな理由だったが、それ以上に、自分の好みの家にしたかったからだ。

例えば家の壁は乱雑にスタッコ塗りで固めたが、これもプロにお願いすると、均一的なデザインになってしまう。機能的な面で言うと、キッチン・シンクのカウンターは日本人の平均的な身長を考慮すると85センチの高さが望ましいとされているらしい。だがボクは平均より背が高いので、キッチン・シンクのカウンターの高さを5センチ高く作った。わずか5センチだが、それでも洗い物や調理の際に腰が随分とラクになった。

このように家に限らず、「モノ」というのは最大公約数によってデザインされ作られている。

平均的な身長、手の大きさ、腕の長さ、足の長さなどを考慮に入れて、そこからベッド、椅子、トイレに至るまで、様々な「モノ」が作られている。

従って平均的なサイズや用途がぴったりと適する場合もあれば、人に拠っては「この部分がもう少し大きいほうがいい」とか「この部分は必要ない」というケースも生まれてくる。

20180822_02.jpg

5Lakes&MTが手がける商品は、ほとんどがアパレルではあるが、例えば「トレイルサンダル」などは、ファッション性より機能性が求められる「道具」である。

実は2011年から自家製のワラーチで走り始め、それから何足ものワラーチを試作してある程度の完成形を作った。それらの経験を元に「トレイルサンダル」が生まれたのだが、紐の結び方が難しいという意見をいただくことが多い。元々、ワラーチで走り慣れたランナーなら、なんとか工夫をしてくれるみたいだが、初めてこの「トレイル・サンダル」で走るというランナーは、その扱いに苦労しているようだ。

で、次のモデルは、もう少し簡単に装着できるようなアイデアを出しているのだが、100%の完成形を作るのはどうなのか? という自分自身の懸念も残る。

20180822_01.jpg

というのは、自分にとっての100%は、決して他者にとっての100%になるとは限らない。数%ほどの余地を残してモノを作る方が、それを手に入れた人が、自分でカスタマイズして完成形に仕上げ、そのモノが確実に生きてくる。

ファッションの「ど定番」であるブルージーンズがその最たる例である。

ジーンズは様々なシルエットが存在するが、靴や上着など、それを履く人が組み合わせをアレンジしてファッションを完成し、その色合いや風合いも、時間の経過と共に自分なりにカスタマイズしていく。もしもブルージーンズが色褪せなかったら、ここまでファッションの定番アイテムにはならなかっただろう。

防水性や防風性、あるいは透湿性や速乾性と云った機能も、完璧なモノではなく、それを身に着ける人のひと工夫に拠って完成形となれば、結果的にはその人の満足感も高いのではないか。なぜならばその工夫の時点で、その商品が「世界でたった一つ」の商品になるからだ。

「トレイルサンダル」に限らず、そんな商品をこれからも提案していきたいと思う。

あくまでも主人公は、その商品を手にしたカスタマーなのである。

パパ大好き!

  • 2018.07.17 Tuesday


20180717_02.jpg
4年前。自分も含めて親は年取り(笑)子どもたちは見違えるほど成長した。

 我々がオペレートしていたキャンプ場「ノーム」で、毎年、この時期になるとノルウエイの「イクメン・パパ」の会合がある。

 いつも6人から8人くらいのパパたちが。それぞれに2,3人の子どもを連れ、2泊3日のキャンプを楽しむ。

 リーダーはリーアム・ニーソン似のルネさんで、ほとんど全員、奥さんは日本人みたいだ。ルネさんは一度だけ、奥さんを伴ってキャンプに来たことがあるが、それ以外は父と子どもたちだけでキャンプに来ている。

 昨年、「今年はキャンプだけではなく、近隣の山をハイクしたい」と言うので、三湖台をガイドした。それぞれの子どもたちも大きくなり、山を元気に駆け登る。

20180717_03.jpg

 で、今年は「昨年と同じようなコースで、違う山を案内して欲しい」というリクエストが来たので、精進湖の背後に位置するパノラマ台を案内した。

 もっとも幼い女の子が5歳。ベビーキャリアに背負われたり、自分で歩いたりを繰り返しながら、1時間あまりの道のりを頂上まで。

 昨年の三湖台は雲がかかって富士山が見えなかったが、それでも途中に出会った日本カモシカの親子に、子どもたちは興奮。

 今年はそのような野生動物には出会わなかったが、パノラマ台の頂上からは精進湖、西湖、河口湖、そして本栖湖の4つの湖が見え、富士山の姿もバッチリ。

20180717_01.jpg

 日本語、英語、ノルウエイ語が飛び交い、子どもたちの成長を見守りながら、山を一緒に歩くことは、ボクにとっても楽しみの一つだ。それに今回参加した「イクメン・パパ」5人の内、二人はノルウエイと香港で暮らしており、一年に一回のこのキャンプで会えることも、とても嬉しいことである。

 それといつも感心するのは、父親だけで幼い子どもたちを連れて、いろいろなアウトドア体験をさせているということは当然のことだが、彼らは子どもたち対して過保護になり過ぎることなく、それでいて、肝心な時には危険に対して十分な対策を配慮している、ということである。

 今回の山でも、登りは自由に登らせていたが、下る時にはルネさんが「きっと子どもたちは走って下るから危険だと思う。先を歩いて、子どもたちを先導してくれ」と、頂上でリクエストを受けた。


20180717_04.jpg
昨年の三湖台。

 もちろん子どもたちが安全に楽しめるように、ルネさんとはコースや装備について、何度も事前にメールでやり取りをしたのだが、本番でも細心の注意は怠らないのである。

 下山した後、子どもたちを連れて、本栖湖まで泳ぎに行ったと、後から報告を受けたが、とても素晴らしいパパたちなのである。


20180717_05.jpg
今年のパノラマ台。この後、他の登山者にお願いして、ボクも入って記念撮影したのだが、残念ながら撮れていなかった(涙。

アウトドア ライフスタイルブランド 5LAKES&MT公式サイト