憧れのVanLife14 トイレどうする?

  • 2019.09.16 Monday

あるキャンピングカーのオーナーが、自身のブログでトイレの処理について書いていた。

そのブログに依ると、彼の息子がキャンピングカーのトイレでウンチをした後、その処理の時に「もうキャンピングカーを売ってしまおうか・・・」と考えるほど、その処理が嫌だったという。が、その後、排水用のホースを手に入れ、しかもそれを汚水槽にそのまま流せる方法が見つかり、今でもキャンピングカーを手放さずに乗っている・・・という内容であった。

確かにトイレの処理は誰にとっても頭が痛い問題だ。処理作業が嫌だから、トイレを使わないというキャンパーもいる。

ボクも以前、所有していたトレイラーではまったく使わずに、トイレは収納スペースに使っていた。

だが我々のように田舎暮らしをする者にとっては、その処理方法が意外に簡単なことを知った。


vanlife14_01.jpg
グランドキャニオンの水くみ場。「DUMP NO FOOD」と書いている。英語で「DUMP」とは、捨てる、廃棄する、という意味。つまり「食料をここに捨てないで」ということ。で、「ダンプステーション」は便を廃棄する場所という意味になる。

キャンピングカー先進国のアメリカのキャンプ場には、ダンプステーションと言って、キャンピングカーの中で出た汚水を、ダンプステーションで処理できるシステムになっている。

ちなみにキャンピングカーで出る汚水は、調理や皿洗いの際にでる「グレーウォーター」という汚水と、トイレから排出される「ブラックウォーター」との2種類に分けられる。

我が愛車の上水タンクは150リットルもの清水の貯蔵が可能で、グレーウォーター・タンクが110リットル、ブラックウォーター・タンクは約40リットルの汚水を貯めることが可能である。

で、その処理であるが、我が家の真ん前の道に汚水桝があり、そこに汚水用のホースを繋げば、一ミリの汚水に触れることなく、そのまま流し去ることができるのだ。

しかもブラックもグレーも、タンクの中に汚水を分解する緑の薬品を入れているので、匂いもほとんど感じることはない。

とは言え、日本の公共のトイレはとても清潔で、しかもハイテクである。通常は車内のトイレをほとんど使うことはないが、毎晩のように酒を呑むボクは、夜中の2時に必ずトイレに行く習性がある。そんな時、停車した近くにトイレがあれば、眠気眼をこすりながらトイレに行くが、近くにない時に、車内で済ますことができるとホントに快適だ。未だに大きい方はする勇気もその処理の経験もないが、近い将来、それにもチャレンジしようと思っている。

実は来年の春、ラスベガスでモーターホームを借りて、デスバレー国立公園に行こうと計画している。

仕事ではなんどか大きなモーターホームに乗ったことはあるが、プライベートで借りるのは初めてのことで、もちろんトイレの処理なども未経験である。

さきほど「日本の公共トイレはとても清潔」だと言ったが、未だに山のトイレは汲取り式のところもあるし、その刺激臭で涙が出てくるところもある。

それはアメリカ国内でも同様で、とくに国立公園内のトイレは汲取式のトイレが多い。まあ匂いの方は、薬品等によってあまり感じることはないが、汲取式であることには変わりない。

ボクはこの汲取式トイレが苦手である。いや、苦手というより、一種のトラウマを感じている。

実は幼い頃に住んでいた家にはトイレがなかった。家から歩いて3分ほどのところに公共トイレがあったが、そこは汲取式で、しかもかなり不潔であった。男子用の小便器には蛆虫がいつもわいていたし、大便器の方からは悪臭が漂っていた。

加えて近所に暮らす年長の少年たちが、面白がって、トイレに関するネガティブな噂話を得意げに話すことを聞いて、便意をもよおす度に憂鬱な気分になった。しかもその当時、一緒に暮らしていた姉や叔母が、夜中にトイレに一人で行くことを怖がり、自分たちがトイレに行く度に、幼いボクを「見張り番」として連れて行く。彼女たちがトイレに入っている間、どれだけ怖い思いをしたか・・・

ということで、アメリカの国立公園内では大も小も、車内で済ませようと目論んでいる。だから事前にその処理にも慣れておかなければならない。

そんなこともVanLifeの愉しみとして、捉えなければならないのである。


vanlife14_03.jpg
まあ、いろいろ面倒なこともあるけど、こんな綺麗な朝焼けに出会えれば、トイレのことなんて忘れるさ。

憧れのVanLife13 塗装って怖い

  • 2019.09.11 Wednesday

前々回のこのブログで、キャンピングカーの雨漏りについて説明した。

なにしろ天井部分に換気口などの開口部が多い。FRP素材との接合部が多いなど、通常のクルマと比較して、そもそもが雨漏りしやすい構造なのである。

誰かが言っていたけれど、キャンピングカーというのは、家がそのまま移動しているのだから、いつも震度3くらいの衝撃がある、と。

まあ便利さを享受する代わりに、メンテンナンスなどもこまめに施さないといけないということである。

さて我が愛車は、ルーフ部分がFRP素材で出来ているということは、すでにこのブログで報告した。さらにはクルマ本体とFRP素材のフール部分との接合部から、雨が侵入してくるので、その部分のシリコンコーキングが大切だとも言った。

それではそもそも、そのFRP素材の劣化はないのか?

それが問題である。


vanlife_13_01.jpg
購入時、ルーフトップはこんな色。写真では分かりづらいが、汚く黄ばんでいた。

本来はオフホワイト系のループトップだったんだろうと思われる我が愛車、購入時には汚く黄ばんでおり、かなりくたびれた印象だった。

雨漏りというのは、大きく空いた穴から雨が侵入するのではなく、劣化したコーキング剤の目に見えないような小さな穴から、毛細血管現象によって、雨が室内に入り込むという情報は確認していた。ならば経年劣化したFRP素材そのものから、雨が染みて来る可能性も否めない。

そこで汚く黄ばんだFRP素材のルーフ部分を、FRP素材用の塗料でコーティングすることにした。

自宅をDIYで仕上げた自分にとって、塗装作業は、それこそ朝飯前の簡単な作業であるが、FRP塗装というのは初めてだ。

届いた塗料の説明書を読むと、なんとも恐ろしいことが書いてある。

FRP塗料というのは、硬化剤という液体と塗料を混ぜ合わさないと、いつまで経っても塗料が乾かないとある。


vanlife_13_02.jpg
まずはサンダーで汚れを取る

で、塗装作業直前にその硬化剤を混ぜ合わせるのだが、硬化剤を入れた瞬間に、なんらかの化学反応を起こし、塗料の温度が100度近くになると書いてある。さらには硬化が始まる2時間までにすべての作業を終了しろと・・・

熱く沸騰する塗料、3メートル近い高所での塗装作業・・・

ルーフトップに登る時に、熱い塗料を頭から被る恐ろしいイメージが、頭から消えない。塗装中、熱い塗料で火傷するイメージから逃れられない。しかも愚図々々していると、塗装が終わる前に塗料が硬化してしまう。


vanlife_13_03.jpg
新聞紙でマスキングして...

そんなリスクを冒してまで、自分でその危険な作業をする必要があるのか? そんなことはプロに任せて、自分はソファに座って相撲放送でも観ながら、酒でも呑んでいたほうがいいのではないか? そんな弱気な気分に全身が包まれる。

いや、なにを言っているのだオマエは? もっと手に負えないようなことを、これまでにもやってのけたではないか! と自身を鼓舞して、塗装作業に取り掛かることにした。いや、正確に言えば、プロに任せるほどの予算がないのである。

安全確保の上に安全確保を塗りかため、それでも時間的な制約があるので、テキパキと、塗装作業を始めた。

すると使用期限の切れたLPガスの交換、並びにやはり使用期限が切れたガスホースの交換に、ガス会社の作業員がやって来た。

「あゝ・・・そうだ・・・この時間にアポ取ってあったんだ・・・危険な作業に怯え、すっかりそのことを忘れていた」と、後悔しつつ、せっかく安全に登ったルーフトップから降りて、作業員の方にLPガスの格納場所を教える。そして約3倍速の速さであれこれ説明して、ボクは再びルーフトップに登り始める。


vanlife_13_04.jpg
自分で塗装

ちゃちゃっと素早くガスホースを交換して、使用期限の切れたLPガスを取り替えながら「いやあ・・・自分でクルマの塗装をしちゃうんですね! すごいなあ」と言いながら、作業員の方は去って行く。きっとクルマの中で「普通、そんなことは自分でやらないだろ!」と、続きのセリフを吐いているに違いない。

とまあ、いろいろと怖い思いをしたが、無事にルーフトップを塗り替えることに成功した。

ところで何故、青いルーフトップにしたかって? 実はFRP塗料の選択肢は、あまり多くなく、唯一、この色がしっくりと来たのだ。

それにしても、新しいことを始めると、いろいろと知識が増えますわ。


vanlife_13_05.jpg
イッチョあがり!

アウトドア ライフスタイルブランド 5LAKES&MT公式サイト