いつまでも走り続けたいから

  • 2018.06.26 Tuesday

 ランナー、とくにトレイルランナーの中で、足にテーピングを施して走っている姿をよく見かけるが、そういう姿に、有森裕子氏が警鐘を鳴らしている。


S_8166559520954.jpg
美しい景色の中を走ることは、フィジカルよりメンタルに影響を与える。

 「実業団に所属しているマラソンランナーは、「競技スポーツ」という仕事のために走っているのであって、健康のためではありません。
ゴールすることではなく、メダルを獲得したり、入賞したりすることがミッションですから、多少の痛みが伴うときも、雨の日も練習するのは当たり前といえます。でも市民ランナーは、ランニングが仕事でも義務でもありません。
憧れのマラソンランナーの練習法やメソッド、シューズなどのアイテムをまねしたくなる気持ちは分かりますが、彼らと同じようにチャレンジし、苦しいときや痛いときも我慢して走り続ける必要は全くないのです」

 これが有森氏の持論だ。

 ただトレイルランナーの中には、テーピングをファッションとして捉えたり、あるいは「故障予防のお守り的存在」としているランナーもいるので、有森氏が心配するほど、シビアに故障していないかもしれないが、あるスポーツ用品メーカーが20~39歳の男女を対象に実施した調査では、ランニングを始めて1年以上継続できたランナーは約24%にとどまり、68%の人が半年以上継続できないという結果が出た。 
単に止める人の意思が弱いということも原因の一つだと思うが、怪我が原因で走ることを止める場合も多いと言われている。
確かに有森氏の指摘するように、「走る」ことが仕事ではない限り、怪我しても走る理由はどこにも見当たらない。
 
 実は2週間ほど前に、人生で初の肉離れを体験した。「キックボード」という乗り物があるが、その「キックボード」の車輪を、小型自転車の車輪に変えたような乗り物を所有している。5Lakes&MTのショップにはトイレがないので、近くの公衆トイレまで、その乗り物に乗って行くのだが、その途中でフクラハギの肉離れを起こしてしまったのだ。

 さっそくネットで調べると、肉離れの原因は主に2つ。

 一つは運動不足。

 日頃、運動しないで、突然、子どもの運動会などで急に頑張り過ぎた結果、肉離れを起こすと言われている。
 もうひとつはストレッチ不足。きちんと準備運動をしないで、いきなり筋肉に負荷を掛けると起こると言われている。
 週に約50キロ以上は走っているので、運動不足という原因は考えられないので、おそらくストレッチ不足が原因だと思う。それに歳も歳だ。いくら日頃、走っているとは言え、突然の動きには付いて行けないのだろう。

さあ困った。

 その翌週(先週の日曜日)は、5Lakes&MT河口湖店オープニング・イベントで、参加者と一緒に10キロ走らなければならない。

 有森氏の警鐘は十分に理解できる。100%合意する。プロのランナーじゃなければ、怪我してまで走る必要はない。が、走ることが仕事ではないが、「走るイベント」が仕事の一部であることは確かだ。

 さあ困った。

 実は怪我が原因で走れなくなったのはこれで二度目だ。

 今から5年前の春、ある日、突然、左足の膝が痛んだ。すぐに痛みは引いたが、よく見ると、膝のあたりが腫れている。触ってみると、少しぶよぶよしている。病院に行って精密検査をして貰うと、膝に水が溜まっているらしい。その水を注射器で抜いて貰うと、それは黄色く透明に透き通っている。なんらかの悪い原因があると、その膝の水は血などで濁るらしい。

S_8166539509588.jpg

 「まあそんなに心配することはないでしょう!」と言われて病院を後にするが、2週間ほどすると、また同じように溜まる。

 そんなことを繰り返して4ヶ月ほど走れない日が続いたが、秋に諏訪湖でハーフマラソンを走る頃には、いつの間にか膝に水が溜まることはなくなった。

S_8166543519838.jpg
コッパーキャニオンの80キロは12時間半掛けてなんとか完走した。

 それから約4ヶ月後にメキシコの「コッパーキャニオン」で80キロのトレイルをワラーチで走ることになったが、本音は言えば、膝が完璧ではなかったし、その程度の準備で、その距離を走るのは、些か無謀だと自分でも思った。

 繰り返すが、決してプロのランナーではないのだ。無理して走る理由はどこにもない。

 が、これだけ長いランニング人生を過ごしていると(すでに35年くらいになるか・・・)、一度や二度、切羽詰まった状態になる時もある。

 その「切羽詰まった状態」に2週間前に陥ってしまった。「切羽詰まって」ネットを探ると、肉離れには「RICE」との情報に突き当たった。

 1. Rest(安静にする)
 2. Ice(冷やす
 3. Compression(圧迫)
 4. Elevation(挙上)

 これらの頭文字を取って「RICE」というワケである。炭水化物を一杯食べろという意味ではない。

 素直に実行した。
 日曜日に肉離れを起こし、木曜日まで安静にして、湿布を施し、包帯でフクラハギを締め付け、偉そうに足を高いところに乗せて過ごした。金曜日に少し走り、土曜日には8キロ走った。

 で、いよいよ本番。
 参加者の誰にも肉離れしたことに気付かれずに(アシスタントのカホと娘の二人は知っていたが)、なんとか無事にイベントを終えた。
 そしてその週の週末には、河口湖一周16キロを走れるまでに回復した。

S_8166550815424.jpg


tokiti_03.jpg
いつまでも楽しく走り続けたいから、身体の声には耳を澄ませたい。

 ところが・・・
 昨日の日曜日(最初の肉離れからちょうど2週間後)、また同じ箇所に肉離れを起こした。またまたネットを探ると、同じ箇所の肉離れは頻繁に発生するとか。そしてもちろん、最初の肉離れを起こしてから、「RICE」の「R」、つまり休養が短すぎたのだ。イベント本番で走れたことに気を良くして、再び、足を酷使し過ぎたのである。

 ネットにはこうも書いてあった。
 「肉離れは、筋肉からのメッセージです。ちょっと休んで筋肉を労りなさい、というメッセーです」
 自分の筋肉だから、自分の好きなように使っていいワケではないのだ。筋肉が「イヤイヤ」している時は、その声に従って休ませるべきなのだ。

 この歳になって、ようやく気付くことが出来たが、ランニング人生はまだまだこれから続くのだ。これからは筋肉、いや、筋肉だけに限らず、己の肉体のあらゆる部分に耳を澄ませて走り続けたい。
 
 メキシコの「コッパーキャニオン」が主舞台になるベストセラー「Born to Run」には、このように書かれてあった。
 「老いるから走れなくなるのではない。走らないから老いるのだ」
 ごもっともでございます。
 
S_8166533860035.jpg

時間のプレゼント

  • 2018.06.22 Friday

 今から32年前、長女が生まれた記念に、初めてフルマラソンを走った。場所は奇しくも、己が終の棲家と決めた「河口湖」。当時は世田谷区の用賀で暮らしていたが、なにかの縁を感じたのだろうか?

 その初めてのマラソンを3時間45分で完走し、その後、通常ならそのタイムを少しでも縮める
為に、より走力を付けて行くが、ボクの場合は「もっと長い距離にチャレンジしたい!」との思いが強く、トライアスロン、さらには過酷なアドベンチャーレースへとシフトしていった。

 ところが92年に参加した「レイドゴロワーズ」オマーン大会では、初日から乗馬のトラブルで足の小指の骨を折り、それでも大金を出してくれたスポンサーの手前、中途半端にリタイヤする訳にも行かず、食うや食わずの状態で足を引きずり、なんとか12日間、レースを続けた。

 もうこうなると、なんのために、誰のために、チャレンジを続けているのかまったく分からなくなり、また原点に戻って、マラソンを走り始めた。

 特に95年に河口湖に移住してからは、毎年、11月末に地元で開催される河口湖のマラソンを走った。

 自分が生まれた時に父親が走ったエピソードを、散々、聞かされ、しかも中学生の頃から「走れ、走れ」と尻を叩かれていた娘は、その反発からか、ランを趣味としなかった。

 そんな彼女もいつの間にか二児の母親となり、次女を産んだ後から本格的に走り始めた。もちろん理由は美容とダイエットである。

 ところが走ることを日課とするうちに、ママ友で走る仲間を見付け、自らレースにエントリーをして走るようになった。

 一昨年の正月には一緒にタイのクラビを旅したが、毎朝、娘と一緒にビーチを裸足で走ったことは、とても素晴らしい旅の思い出となった。

 先週の日曜日(注:2018年6月17日)、5LAKES & MTの河口湖店オープン記念のイベントが開催された。ハーブフェスティバルが開催されている、湖畔の2つの公園を巡るランニング・イベントだ。

 そのイベント開催を知った、我が家の隣の別荘に住む、イギリス人の父息子が二人で参加してくれた。

tokiti_03.jpg

tokiti_06.jpg

 我が娘も、ラン&ママ友を誘って参加してくれた。

 梅雨時期の中、奇跡的に晴れ間が広がり、雲の中から美しい富士山の姿も見られ、参加者、約30名と気持ちよく10キロを走りきった。

tokiti_01.jpg

 ボクの後ろではイギリス人の父息子が、走っている間、ずっと楽しそうに会話を続け、我が娘たちのグループも楽しそうに走っていた。

tokiti-8.jpg

tokiti_04.jpg

tokiti_05.jpg

 走り終わった翌日になって、その日は「父の日」であったことに気付いた。モノをプレゼントすることは簡単だ。もっとも「父の日」であることを忘れなければ。

 ところが父が開催したラン・イベントに参加すること。しかもラン仲間を伴って参加することは、それを日課としていなければ不可能だし、そういう環境を時間をかけて作らなければ、実現できないことである。

 娘が生まれて32年。これまでに忘れずにプレゼントをくれた年もあれば、そんな日なんて最初から存在しないみたいに、なんの言葉もない年もあった。

 だが今年の「父の日」、娘が贈ってくれた素敵なギフトは、生涯、忘れ得ぬ思い出となったのである。

アウトドア ライフスタイルブランド 5LAKES&MT公式サイト