憧れのVan Life 2

  • 2019.06.24 Monday

生活ができるVanを手に入れた。

きっかけは「移動できるオフィス」だ。そのことについては前回のブログで詳しく報告しているが、実は別にもっと大きな理由がある。

それは我が愛犬スパーキーの存在だ。

スパーキーはこの5月に11歳になった。甲府市内でレスキュー犬活動(捨てられる運命にある犬たちの里親探しをする)をするボランティアの方から、生後2ヶ月で貰って来たのだが、5年前、スパーキーが6歳の時に、「アジソン病」に罹ってしまった。

tokichi_20190621_01.jpg
我が愛犬、スパーキー。ゴールデンと秋田犬のミックス

ある日、突然、まったく食事を食べなくなり、4日目に病院に連れて行ったら、採血できないほどに血液がドロドロで、診断された病名が「アジソン病」。ストレスを自分で発散できない病気で、一生涯、薬を飲み続けなければならない。

思い返せば5歳ぐらいまではどこにでも連れて行ったが、スパーキーが6歳になった頃からキャンプ場のオペレートをするようになって、その頃から留守番させることが多くなった。

tokichi_20190621_02.jpg
四万十川の辺りにて
tokichi_20190621_03.jpg
富士山御中道にて

河口湖から神戸までの約500キロを、チャリティで走った時もスパーキーは一緒だったし、熊野古道からしまなみ海道、さらには四国の四万十川を旅する時も一緒だった。

だが狭いケージの中で過ごすと、益々、ストレスが溜まると思い、このところ、スパーキーを預けて旅することが多くなっていた。

tokichi_20190621_04.jpg
生後2ヶ月で12キロ! 人相(犬相?)は悪いが、性格はいい

まあ病気の原因はあれこれ考えられるが、要するに、スパーキーは我々の愛情がもっと欲しかったのかもしれない。

もちろん犬などの動物は人間の言葉を話すことが出来ないが、スパーキーは不治の病に罹ることによってより深い愛情を欲したのだと思う。

「アジソン病」の特徴の一つとして、水分をやたらと大量に摂取するが、ボウルに水が無くなると、そのボウルを足でゴロンゴロンと打ち鳴らして水を催促するし、トイレに行きたい時には、こっちの顔を凝視する。留守番させて帰ってくると、遠吠えしながらオヤツをねだる。ヤツはヤツなりに、きちんと人間とコミュニケーションを取ろうとしているのだ。

薬を飲み続けて居る限り、極端にストレスを与えない限り、スパーキーは発病以前と比較して、まったく問題なく元気である。

せめて10歳までは元気でいて欲しいと願っていたが、11歳になる今も、まだまだ元気である。だが通常の大型犬の寿命を鑑みれば、この先、そんなには長くはないだろう。

だから旅に出る時は、せめて国内ならどこにでも連れて行きたい。Van Lifeなら、それが限りなく可能になる。移動も宿泊も、いつも一緒に過ごすことができるのだ。

tokichi_20190621_05.jpg
カヌーの時も一緒

幼い頃から何度も犬を飼って来たが、スパーキーはボクの「犬人生」の中でもっとも優しく、忠実で、とてもいいヤツなのだ。その名の通り、いつまでも元気に弾けて欲しい。

ヤツの命の続く限り、古く、くたびれたVanと共に、楽しい旅を続けたいと願うのだ。

tokichi_20190621_06.jpg
これからこの古いヴァンと共に、老犬と旅を続ける。

憧れのVan Life

  • 2019.06.17 Monday

憧れのVan Life

昨年の4月に、河口湖北岸の「オルゴールの森」の駐車場で、5LAKES & MTの河口湖ショップがオープンした。

おそらく富士五湖地方でもっとも人が集まるであろう「オルゴールの森」のオーナーとは旧知の仲で、初のショップとなる場所探しに悩んでいたら、快く駐車場を貸してくれることになったのだ。が、諸々の法律上の問題があり、建物を建築することは難しいので、トレラーハウス形式のショップとなった。

5LAKES & MTで扱う商品はアウトドア・カジュアルが主体なので、結果的にはこのトレラーハウスがとても似合っているのだが、なにしろ狭い。お客さんが3,4人で来店すると、店内の人口密度がいきなり高まり、思わず店外のテラスに飛び出してしまう。で、この店外のテラスからは富士山もよく見え、とても気持ちいいのだが、日当たりが良すぎて、すごく暑い。

とくに昨年は酷暑だったので、テラスで過ごしていたら、南の島に1ヶ月ほど旅行にでかけたみたいに、真っ黒に日焼けしてしまった。

週末には遠くからお客さんが会いに来てくれるので、あまり留守にもしたくはないし・・・と悩んだ末、今年からモーターホームを導入することにした。

van_20190614_04.jpg

これならすぐに移動できるし、外部電源に繋げば、エアコンの効いた涼しい車内で原稿の執筆や事務仕事も快適にこなせる。もちろん来客があれば、即座に店内で対応可能だ。もちろんそのままどこかに旅に出ることも可能だ。休みの日に、どこかのトレイルヘッドの駐車場にモーターホームを停めて、そこで仮眠して、早朝からトレイルを歩くことだって可能だ。

そこから自分の用途に適したモーターホーム探しが始まった。

条件としては外部電源が取れてエアコンを搭載していること。車内で調理、食事が完結できること。駐車場にテーブルや調理器具を出して食事する訳にはいかないから、これは最低条件だ。

だがあまりにも大きなモーターホームだとフットワークが悪いので、移動に手間がかかる。

そこで最終的に選んだのが、フォードのE350エコノラインをベースにした車種である。

外観はちょっと大きめのバンに見えて、実はかなり車内は充実している。キッチンスペースに加え、シャワー、トイレも完備。2名が就寝可能な寝室とダイニングも備わっている。

これなら条件にピッタリである。

van_20190614_01.jpgvan_20190614_00.jpg
大阪まで新幹線に乗り、大阪から福知山線に乗り換えて神戸北部まで行く。ワクワク、ドキドキが止まらない

で、いろいろとネットで検索したら、神戸の方でかなり安価で売られていた。 年式は96年式とかなり古い。もちろん内装はかなりくたびれている。だがこれは手を入れればなんとかなりそうだ。いや、くたびれていなくても、自分の好みに内装は仕上げたいと考えていたので、むしろこの方がいい。

販売元に機関のコンディションを尋ねたら、エンジンのコンディションは悪くないという。実はメカに弱く、クルマの機関に関しては、まったく無知、無能力である。ここが壊れればお手上げだが、それさえ動けば、あとはなんとかなる。

ということで、5月の大型連休が終わった翌日に、新幹線に飛び乗って神戸までクルマを引き取りに行った。

van_20190614_03.jpg
van_20190614_02.jpg
 パッと見の外見は悪くない。だが、車内はかなりくたびれている。カスタムが楽しみだ

で、神戸から自走して帰り、途中、どこかのSAで早速、仮眠して、その快適性を探ろうという魂胆である。

神戸に到着して実際に車内を確かめると、想像以上に、そのモーターホームはくたびれていた。

「あまりにも汚いので、運転席のカーテンは外しておきました」と前オーナーが言うくらい(笑)、あちらこちらが朽ちており、雨漏りの箇所も見られる。他の部分のカーテンを開けようとすると、細かい塵が空気中に舞い、それを吸うと、即座に肺がんになりそうである。

元々は新車で1千万前後もするクルマが、100万以下で売られているのだから、このコンディションでも文句は言えない。それに前オーナーが言うように、クルマ自体の機関の調子は悪くないようだ。

ボクは新たなパートナーに飛び乗り、神戸をあとにした。

さあ、憧れの「Van Life」の幕開けである。

van_20190614_05.jpg
さあこれから始める新たな旅のストーリー。どんなエピソードが飛び出すのか? 乞うご期待

アウトドア ライフスタイルブランド 5LAKES&MT公式サイト