憧れのVanLife11 謎のトナラー

  • 2019.08.26 Monday

「トナラー」という言葉がある。

例えば広い駐車場で、ほとんどクルマが停まっていないのにも関わらず、自分のクルマのすぐ隣にクルマを停めようとする人のことを指す。

この「トナラー」は、古くからキャンプ場にも棲息している。

広大なキャンプ場なのに、わざわざ、すぐ隣にテントを張る。

今から約30年前。日本でオートキャンプ・ブームが盛り上がっていた頃に、ボクもよくトナラーに遭遇した。

適当な距離があればなにも言わないが、ホントに手の届く近さでテントを張ろうとする人がいれば、やんわりとではあるが、注意を喚起する。が、あるトナラーは驚いたことに、次のように反論した。

「そんなに近くが嫌なんですか? だって離れていると寂しいじゃないですか!」

これには噴き出した。

いったいなにしにキャンプに来ているのだ?

都会の雑踏から、人混みから、喧騒から離れる為にキャンプをしているのではないのか?

寂しいだと? じゃあ早く都会へ帰りなさい! と言いたくなるのを堪え、苦笑しながら己のテントへと逃げた。

先日、とある広大な公園で我がVanを停車させて泊まることになった。

そこは余裕で300台ほどのクルマが駐車できるスペースがあり、その日は夕刻時で5台ほどのクルマが停まっていた。どのクルマもオーバーナイトするらしく、それぞれに準備をしていた。

我々も早い時間から食事を済ませ、食後に音楽を聴きながら本を読んだり、ネットで調べ物などをしていた。

9時過ぎにベッドに入り、ウトウトしていたら、すぐ近くでエンジン音が聞こえ、すぐに止まった。

カーテンの隙間から覗くと、隣に軽トラックが停車したようである。

すぐにそこを離れるモノと思い、そのまま深い眠りに落ちていった。

で、翌朝、隣を見て驚いた。

まだその軽トラックは駐車しており、さらに驚くことに、すべての窓に目隠しを施し、完全に車中泊モードである。

どこをどのようにすれば、軽トラックの運転席部分で就寝可能なのか、まったく想像がつかないが、明らかに車内で眠っている様子。

最初は夫婦喧嘩でもして、家を飛び出し、仮眠でもしているのか、とも思ったが、早朝から我々が走る準備をしたり、スパーキーの散歩準備をしていると、我々側の窓の目隠しを、内側から補強する。つまりその軽トラは、車中泊に必要な装備を備えているということであり、その行動は、明らかに「朝からウルサイ」というサインである。

さきほど紹介した寂しがりやのキャンパーには、数時間と言えど、先にテントを張っていた我々に対する少なからずリスペクトがあった。(ほんとかいな?)


IMG_6002.jpg
散歩から戻ってきても、軽トラックは我がVanの陰に...

だがこの軽トラックの運転手には、そのリスペクトはないようだ。

まあこの際、そんなことはどうでもいい。我々はスパーキーを連れて朝のランニングに出かけた。

約1時間ほどして戻ってきても、目隠しを施した軽トラはそのままの姿を維持していた。

その時点で朝の7時。車内はかなり暑くなっているはずである。

結局、我々が朝食の後片付けをしている時間(9時頃)に、その軽トラックは居なくなった。

幼い頃、「ポパイ」というアニメをよく観ていた。

通常はブルートというライバルと、恋人であるオリーブを巡って衝突するというプロットが多かったが、時々、他の人物とも衝突して、お得意のほうれん草を平らげ、次々と敵を倒して行くということもあった。

ボクの記憶に残っているのは、ポパイがインディアンと戦うシーンだ。

狭いティピーから次々とインディアンたちが飛び出し、尽く、ポパイに殴り飛ばされて行く。その数、30人ほどだったろうか。

幼心にそんなに多くのインディアンたちが、小さなティピーに収容できる訳はない・・・と、バカバカしく感じていたが、さきほどまで停車していた軽トラックは、まるでその不思議なティピーである。

就寝スペースの広さで、快適な睡眠が保障される訳ではないが、どう考えても、軽トラックの運転席と助手席に、大人の男が快適に就寝できると思えないし、その運転手は、明らかに複数の目隠しを車内に持っていた。

それよりも、そもそもなんで、広大な駐車スペースの中から、我がVanの隣に駐車したのか?

今思い出しても、ホントに不思議なトナラーだったのである。


ED95C5DE-0C2D-47D8-A9B4-E7B767FF1AB5.jpg
我がVanのキャッチフレーズ「停まった場所が我が家」本当の家だったら、不思議なトナラーは嫌だね(笑)

アウトドア ライフスタイルブランド 5LAKES&MT公式サイト