憧れのVanLife16 ついに入院

  • 2019.10.08 Tuesday

雨漏りとの長い闘いが終わったことは、このブログでもすでに報告した。
で、雨漏りと同じくらいに悩んでいたのが、ブレーキ問題である。

実はファンベルトが切れた時に、一度、きちんと問題箇所を見て貰ったほうがいいということになり、笛吹市(我が家から30分ほどのところ)にあるキャンピングカーの専門工場に見せに行った。

するとすぐにブレーキ関係を疑われた。というのも、キャンピングカーは重量があるので、ボクのクルマに限ったことではなく、必ず問題が発生する箇所らしいのだ。

はたして助手席側のタイヤの回りが渋いことが発覚した。

「このままじゃ危険なので、すぐに修理したほうがいい」と言われたが、「夏場は忙しいので、秋にならないと修理できない」とも言われた。

それを言われたのが7月下旬。つまり2ヶ月ほど、我慢しろというわけである。
まあ夏場はこちらも仕事が忙しいので、それほど遠出できるわけじゃないが、それでも危険な状態を抱えた状態で、近距離と言えども走り廻りたくはない。

あれこれ悩んで、アメ車に詳しい知り合いの工場に修理をお願いした。

2週間ほどクルマを預け「とりあえずは修理しましたが・・・」ということで引取りに行った。


vanlife_16_01.jpg
しばらく入院することになった我が愛車。元気になって戻って来るんだよ。また一緒に遊ぼうね(涙うるる

「とりあえずは・・・」と、歯切れが悪かったのは、本来はブレーキキャリパーごとの交換が必要だったみたいだが、部品の供給が間に合わなかったので、とりあえずはオーバーホールを施したが、近い将来はキャリパーの交換が必要だということである。

「近い将来ってどれくらいですか?」とボク。

「まあ少なくとも次の車検までには」と修理工場の人は言う。

次の車検というのは2年後のことである。じゃあそんなに差し迫った状態ではないと判断して、3週間ほど前に甲府市内まで出かけた。

我が家から甲府に行くのには3つのコースがある。

御坂峠を越えるコース、精進湖からの精進湖線、それにもっとも新しいコースである若彦トンネルコースだ。
で、御坂峠を越えるコースは20キロ近く、下り坂が続く。

御坂トンネルに入る前は、逆に登りが続くのだが、その時に、前を走るトラックがやたらとブレーキを踏むので、嫌な予感はしていた。その予感通り、そのトラックは下りが始まっても頻繁にブレーキを踏み、40キロくらいのスピードで走り続ける。
結局、こっちもブレーキを踏み続ける。

で、案の定、下りきった信号待ちの時に、前輪から白い煙が上がった。

しばらくクルマを停車し、熱が収まるのを待って、用事を済ませてすぐに自宅に帰った。帰り道は順調だったが、これでキャリパーが高熱によって変形したんだと思う。

その後、5Lakes&MTの河口湖店からノームまで行った。河口湖ショップとノームの間は約10キロ。どちらかというと登り基調の道である。にも関わらず、ノームに到着した途端に異様な匂いがした。

明らかに鉄の匂いである。

前輪のホイールを触ってみた。運転席は温かい程度だが、懸案の助手席は触れないほど熱い。

これまでにも、何度か部品をオーダーしたことのある、東和モータースという、有名なキャンピングカー専門店に電話で問い合わせてみた。実は前述の笛吹市の専門工場も、東和モータースの紹介である。

これまでの経緯を電話で説明する。するとおそらく高熱によるキャリパーの変形だという。

横浜まで自分で運転してクルマを持って行くので、見てくれないか? との問いに恐ろしい答えが帰って来た。

ブレーキが焼けて、その熱が油脂類に移ると車上火災の可能性もあるので、レッカーをオーダーしろと。

で、JAFは相手にしてくれないので(VanLife7 ファンベルト顛末記を参照)、加入している任意保険のロードサービスに電話した。気持ちよく、本当に気持ちよく対応してくれた。

※ VanLife7 ファンベルト顛末記 はこちら

そして本日、我が愛車はレッカーで運ばれて行った。

次には完璧に良くなって帰って来るのか?

それはいずれ、このブログできちんと報告したいと思う。
乞うご期待!

はあ・・・・いろいろあるわな・・・

vanlife_16_02.jpg

憧れのVanLife15 コンビニで

  • 2019.10.01 Tuesday

この夏、知人ファミリーがアメリカで一ヶ月間、キャンピングカーを借りて旅した。

旅に出る前に、あれこれ電話でアドバイスをしたので、先日、帰国してその旅の報告の為に訪ねてきてくれた。

その際に逆に教えて貰ったのが、アメリカではRVキャンパーにとって、とても便利なアプリがあるということ。

以前、あるメジャーリーガーがVanLifeを続けている記事を紹介した。彼は主に大手スーパーマーケットのチェーン店である「ウォルマート」の駐車場を活用しているらしいが、そのウォルマートを始め、本格的なRVパークからキャンプ場などを紹介してくれるアプリがあるというのだ。

そこでどんなアプリがあるのかググってみた。

そしたら出てくるは、出てくるわ、アプリがいっぱい。

例えば「RV Parks & Campgrounds」というアプリでは、4万以上のRVパークとキャンプ場の地図、写真、電話番号が記され、どのような設備があるのか詳しく説明されている。

また「Sanidumps RV Dump Station」というアプリは、どこに行けば汚水の処理ができるかということを紹介している。

ざっと確認しても、30くらい、RVキャンパーの為のアプリが紹介されているのである。


vanlive_12_01.jpg
セドナのスーパーの駐車場で見かけたワーゲンバス。ワーゲンバスはアメリカでも人気。


vanllife12_02.jpg
中を覗くと、小さなギターが積んであった

ちなみに日本のアプリを探すと、それらしきアプリが3つほどヒットした。

今年、ノーム(西湖のキャンプ場)には、キャンピングカーに乗った多くの欧米人たちが訪れた。ナンバーを見るとすべて「わ」ナンバーなので、おそらくレンタカーである。

先日もオランダから来たファミリーがキャンプしていたので、ちょっと質問してみた。

するとクルマの大きさにもよるが、だいたい一日につき、1万5千円から2万円ほどでキャンピングカーのレンタルが可能で、本国からネットで予約、成田空港でピックアップというシステムになっているらしい。

こうなると日本人にももちろんのこと、日本を訪れるキャンパーに対しても、様々な情報を盛り込んだアプリの登場が待たれる。

そしてその受け入れ先についてだが、今年も「道の駅」での車中泊を問題視する記事がネット上で散見されたが、ただ単に禁止、容認するという二者択一ではなく、もっと多方面での考え方はできないだろうか?

例えばボクが住んでいる山梨県の中でも、「3大僻地」と呼ばれているところがある。その一つが東京と山梨の県境にある「小菅村」だ。

だがこの小菅村の「道の駅」は、車中泊をする人たちの間ではちょっと有名な存在だ。というのも、道の駅には「小菅の湯」という温泉が隣接しており、駐車場の一部は電源が引き込んであり、2500円の利用料を支払えば、電源を使って車内の電気器具が使え、ごみ処理もお願いできるのだ。

基本的には車外でテーブルや椅子を持ち出しての食事等は禁じられているが、就寝はもちろんのこと、堂々と車中泊を公認しているのだ。微々たる数ではあると思うが、そのような姿勢によって、僻地に多くの人が訪れる観光地となるきっかけにもなるかもしれない。

ここで改めて意見を言わせてもらうが、キャンプ場以外の場所で車中泊をする場合、如何なる場合も、車外に椅子、テーブルその他を持ち出すことはマナー違反だと思う。もちろん調理やBBQなどはもってのほか、言語道断である。

そのような前提で提案したいのだが、例えば24時間営業のコンビニで車中泊を容認するのはどうだろう? もちろん郊外の広大な駐車場を持つコンビニに限っての話だ。

もちろんそこを利用するのには、コンビニにいくらかの使用料金は支払う、あるいは一定額(例えば3000円以上)の買い物をすることを条件にすればいいと思う。で、駐車場とトイレの使用を認める。

この提案には違った側面もある。もしもそういうコンビニが登場すれば、そのコンビニの夜間の安全性が高まるのではないか? と考えるのである。

24時間営業のコンビニの中には、若い男女がたった一人で店番をしているところも少なくないと思う。そういう店舗における犯罪の抑止力に繋がるのではないか、と思うのである。

例えば今ではコンビニチェーンは独自でアプリを所有していると思われるが、そのアプリを見ると、どこそこの店舗では車中泊が可能で、そのためには店で3000円以上の買い物が必要、あるいは1000円の駐車代金とトイレ利用料が必要・・・みたいなアプリがあれば、とても便利だと思うのだが・・・

どこかのコンビニチェーンで、この提案を受けてくれないかしら。

アウトドア ライフスタイルブランド 5LAKES&MT公式サイト