憧れのVanLife22 大容量バッテリーポチリ1

  • 2019.11.26 Tuesday

このブログ連載に深く、深~~~く携わっている人物から「トウキチさん、Vanのカスタムが完成したら、ボクがお祝いに大容量のリチウムバッテリーをプレゼントしますよ! ノートブックなんて5,6回、余裕で充電可能なヤツを!」

と、嬉しい申し出をしてくれた。

彼は若い頃からデジタル関係の知識が高く、その手の情報はいつも最先端だ。

彼と出会ったのは、まだ彼が学生の頃で、主婦向けの雑誌「オレンジページ」で彼がバイトをしていた頃だ。

あれはたしか93年の冬だったと思うが、5月の大型連休に合わせて「オレンジページ」でアウトドア・クッキングの特集を組もうということになり、2月の沖縄で長期ロケを敢行したのだった。

沖縄と言っても本島ではなく、伊江島という離れ小島で、2月の伊江島は閑散とした雰囲気に包まれている。

日中、陽があるうちはずっとアウトドアの料理を作っては撮影をしているが、夜になると夕食以外になにもやることがない。

誰が言い出すまでもなく、みんな夕食後になると、撮影機材が保管している部屋に集まり、宴会が始まる。

撮影用の大型のクーラーボックスに、島で手に入るいろいろな酒をドボドボと注ぎ込み、そこに、やはり島で手に入る、いろいろなジュースを注ぎ入れ「伊江島パンチの完成だ!」などと叫び、オタマでその自家製カクテルをグラスに注ぎ入れ、毎晩のように宴会をした。

ある時、彼の上司にあたる女性が「彼はデジタル関係の知識が豊富で・・・」とボクに教えてくれた。

ボクは自家製カクテルで酔って彼に尋ねる。

「趣味で写真を撮っているんだけどさ・・・その写真の量が莫大で、その整理に困っているんだが・・・」

彼はなんの問題もないような笑顔で「すべてCDに焼いちゃえば、かなりコンパクトに整理できますよ」と応える。

今ではその答えはよく理解できる。CDどころか、DVDに焼けば大容量の動画でさえ、コンパクトに整理できることは、今では誰でも知っている。

だが93年のことだ。

誰もがコンピューターを個人所有している時代ではなかったし、ボクも当時、ワードで書いた原稿はプリントアウトして、FAXで送信していた時代である。

銀塩カメラで撮影した写真をデジタル化して、それをCDにコピーするなんて、まったく考えられなかった。

ボクは酔った頭を横に振り、彼に対して「今の質問は忘れてくれ」と言って、再び酒を飲み続けた。

あれから四半世紀、彼との付き合いは連綿と続いており、今では自分のWeb関連の仕事は、すべて彼に担当して貰っている。

このWebサイトを構築、管理しているのも彼だし、このブログを書いて、それを構成して更新してくれるのも彼の役割である。


vanlife_22_01.jpg
アウトドア・ライフの経験が長い為、そんなに電力は必要としないが、それでも大容量バッテリーの存在は嬉しい。災害時にも役立つし。

しかも彼はいつの間にかアスリートとなり、今では時々、一緒に走る仲間でもある。
で、冒頭の嬉しいオファーに話は戻る。

実はカスタムという行為には終わりはない。ある程度、当初の目標を達成することはあっても、その当初の目標が、少しづつ違う目標になったり、それと共に、また違った目標も生まれて来るモノなのだ。だから今の自分の愛車のカスタムが終了するのは、もしかして愛車を手放す時かもしれないのだ。

若い頃からキレ者の彼は、そんな自分の性格を見透かして嬉しいオファーをしてくれたのかもしれない。

ところがカスタムは終了しなくとも、VanLifeは続く。で、当然のことながら、大容量のリチウムバッテリーの必要性も感じる。

カスタムの完成まで我慢できる訳はない。

(きっとそんな堪え性のない性格も見透かしているのだろう)

ということで、大容量リチウムバッテリーを購入した。

どこのメーカーのどんなバッテリーか? それは次号のお楽しみである。

憧れのVanLife21 旅の原点

  • 2019.11.19 Tuesday

ターミネーター「ニュー・フェイト」を観た。これまでにこのシリーズは5作、世に出ているが、今回の「ニュー・フェイト」は、2作目の続編と位置づけされている。

詳しくは映画の紹介記事を読んで欲しいのだが、2作目で活躍した「サラ・コナー」が主演のようなスタイルで、アーノルド・シュワルツェネッガーももちろん出演しているが、その存在はかなり控えめである。

※映画の紹介記事はこちら「SCREEN ONLINE

それでも年齢を重ねたアーノルド・シュワルツェネッガーの渋さは抜群で、「控えめ」でも十分にその貫禄は醸し出している。

「サラ・コナー」演じるリンダ・ハミルトンは、久しぶりの出演に際し、かなり身体を鍛え上げたようで、こちらも60歳を過ぎた女性とは思えないほどの、フィジカルな美しさを発揮している。

その二人の存在があるからこそ、未来からやってきた女性兵士「グレイス」演じるマッケンジー・デイビスの活躍も光るのだが、全体的に女性たちの活躍が目立つ仕上がりとなっている。

まったく関係ないが、この映画と前後して、Netflixのオリジナルドラマである「ゴッドレス」も鑑賞した。

7話完結のこのドラマは西部劇で、ニューメキシコのサンタフェ近くの架空の町「ラベル」が舞台だ。

「ラベル」は炭鉱事故によって町の若い男の殆どが亡くなっており、今では女性たちが町を取り仕切っている。

その「ラベル」にアウトロー集団の一人の男が逃げ込み、その男を追って「ラベル」を襲いかかるアウトロー集団と、女性たちの戦いがドラマチックに描かれている。

ということで、なんとなくこのところ、女性の活躍ぶりが目立つ作品に接している。


vanlife_21_01.jpg
初めてモニュメントバレーを訪れた時、このアングルでモーターホームが泊まっていた。その姿は、強烈に「アメリカ」を印象付けた。

実はインスタグラムで「#vanlife」というハッシュタグをフォローしている。

世界中のいろいろなスタイルの「van」と、その所有者たちのスタイルが投稿されているが、その投稿でも女性の存在が目立つ。まだまだ圧倒的にカップルで「VanLife」を楽しんでいる写真が多いのだが、その関連記事を読んでいると、たった一人で若い女性が「VanLIfe」を続けているのも、少なからず紹介されている。

ボクの愛車はその重量は3トンを超え、高さ270センチ、全長6メートル近くあり、みんなから「運転が大変なのでは?」とよく質問されるが、慣れてしまえばそれほど特殊なことではない。

まだまだ日本では大きなモーターホームを運転する女性ドライバーは見かけないが、それでもそれに匹敵する大型の商用トラックやバスを運転している若い女性の姿は、あちらこちらで見かけられる。

職業的にも立場的にも、「女性の社会進出」は、ボクの想像以上に進んでいるのである。

話は「ゴッドレス」に戻る。

無事にアウトロー集団との戦いを終え、そこから逃げ出した男「ロイ・グッド」は、幼い頃に生き別れとなった兄を訪ね、サンタフェからカリフォルニアまで馬で旅をするシーンが、このドラマのラストを飾る。

このシーンはとても感動的で、詩情豊かに、その長い旅が描かれている。

実はこの逆のコースを、24歳の時の初めての渡米で経験している。

ある雑誌の取材で渡米したのだが、ロスアンジェルスでレンタカーを借り、そのレンタカーで、ラスベガス、グランドキャニオンと経由して、約10日間かけてサンタフェまで旅を続けた。その距離は最短でも1500キロ以上にもなり、クルマの旅でもかなり長く感じられた。

その旅の途上、グランドキャニオンの後にモニュメントバレーに行った。その時に、初めてモーターホームで旅を続けているファミリーに出会ったのだが、その雄大な風景の中で、いかにもアメリカを象徴するような印象を強く自分に遺した。

時代は代わり、女性たちが強くなり、昭和生まれの男は、益々、肩身の狭い思いをしなければならないのだが、人生で出会った初めての、アメリカを象徴するような旅のスタイルが色褪せることは決してない。
そしてその印象が、己の「VanLife」の原点でもあるのだ。

アウトドア ライフスタイルブランド 5LAKES&MT公式サイト