パパ大好き!

  • 2018.07.17 Tuesday


20180717_02.jpg
4年前。自分も含めて親は年取り(笑)子どもたちは見違えるほど成長した。

 我々がオペレートしていたキャンプ場「ノーム」で、毎年、この時期になるとノルウエイの「イクメン・パパ」の会合がある。

 いつも6人から8人くらいのパパたちが。それぞれに2,3人の子どもを連れ、2泊3日のキャンプを楽しむ。

 リーダーはリーアム・ニーソン似のルネさんで、ほとんど全員、奥さんは日本人みたいだ。ルネさんは一度だけ、奥さんを伴ってキャンプに来たことがあるが、それ以外は父と子どもたちだけでキャンプに来ている。

 昨年、「今年はキャンプだけではなく、近隣の山をハイクしたい」と言うので、三湖台をガイドした。それぞれの子どもたちも大きくなり、山を元気に駆け登る。

20180717_03.jpg

 で、今年は「昨年と同じようなコースで、違う山を案内して欲しい」というリクエストが来たので、精進湖の背後に位置するパノラマ台を案内した。

 もっとも幼い女の子が5歳。ベビーキャリアに背負われたり、自分で歩いたりを繰り返しながら、1時間あまりの道のりを頂上まで。

 昨年の三湖台は雲がかかって富士山が見えなかったが、それでも途中に出会った日本カモシカの親子に、子どもたちは興奮。

 今年はそのような野生動物には出会わなかったが、パノラマ台の頂上からは精進湖、西湖、河口湖、そして本栖湖の4つの湖が見え、富士山の姿もバッチリ。

20180717_01.jpg

 日本語、英語、ノルウエイ語が飛び交い、子どもたちの成長を見守りながら、山を一緒に歩くことは、ボクにとっても楽しみの一つだ。それに今回参加した「イクメン・パパ」5人の内、二人はノルウエイと香港で暮らしており、一年に一回のこのキャンプで会えることも、とても嬉しいことである。

 それといつも感心するのは、父親だけで幼い子どもたちを連れて、いろいろなアウトドア体験をさせているということは当然のことだが、彼らは子どもたち対して過保護になり過ぎることなく、それでいて、肝心な時には危険に対して十分な対策を配慮している、ということである。

 今回の山でも、登りは自由に登らせていたが、下る時にはルネさんが「きっと子どもたちは走って下るから危険だと思う。先を歩いて、子どもたちを先導してくれ」と、頂上でリクエストを受けた。


20180717_04.jpg
昨年の三湖台。

 もちろん子どもたちが安全に楽しめるように、ルネさんとはコースや装備について、何度も事前にメールでやり取りをしたのだが、本番でも細心の注意は怠らないのである。

 下山した後、子どもたちを連れて、本栖湖まで泳ぎに行ったと、後から報告を受けたが、とても素晴らしいパパたちなのである。


20180717_05.jpg
今年のパノラマ台。この後、他の登山者にお願いして、ボクも入って記念撮影したのだが、残念ながら撮れていなかった(涙。

ほんの少しの親切で

  • 2018.07.09 Monday


tokichi_0708_01.jpg
ワラーチプロジェクトは多くのランナーの応援で成功した。

 6年前の2012年の秋、ボクは自宅がある河口湖から、神戸を目指し、ワラーチを履いて走っていた。

 95年に発生した「阪神、淡路大震災」、それと2011年に発生した「東日本大震災」。この2つの大きな震災の被災地の人々を勇気づける為に、義援金を募りながら、毎日、約30キロの距離を走り、18日間かけてゴール地点の神戸を目指したのだ。

 毎朝9時過ぎから走り始め、昼過ぎには走り終える。ほぼ野宿なので、野営地での設営を始め、時にはコインランドリーで洗濯をして、3日に一度くらいの割合で銭湯や温泉に行く。

 このようなケチケチ旅を続けながら(優雅にホテルなどに宿泊していたら、義援金を募る意味がないと考えたのだ)、神戸を目指す。そしてその模様を、毎日、ブログで更新して、より多くの人たちに、我々の活動を紹介した。

 そのおかげで、多くの知人、友人が応援に駆けつけてくれ、スタートで見送る、あるいはゴールで出迎える。そして日替わりで、一緒に走ってくれる友人も、毎日のように現れた。

 被災地を応援する為に走り始めたチャリティランだったが、逆に多くの人々に勇気づけられる結果となった。


tokichi_0708_02.jpg
ゴールの神戸市役所で。

 そんな中、三重県内のマクドナルドで、些か嫌な思いをしたことがある。

 さきほども言ったように、ほぼ野宿を続け、毎日のランニングの様子をブログで更新する。このような状態でもっとも大切な機器は、PCの充電とWi-Fi環境である。Wi-FiはポケットWi-Fiを持参したので、なんとかネット環境に繋ぐことが出来た。が、充電の方は持参したソーラーシステムや、車載バッテリーでは賄いきれずに、いろいろなところでお願いして、充電させて貰った。

 そのマクドナルドでも、コーヒーをオーダーして、店員さんに客席の一部にあったコンセントを指差し、「あそこで1時間ほどPCを充電させて貰えないか?」とお願いした。

 すると次ような応えが帰って来た。

 「マクドナルドはお客様の電気料金を支払う為に営業しているのではありません」

 もっともな意見である。もちろんそれは理解している。が、当時でも、新宿あたりのマクドナルドでは、客席でPCやスマホをコンセントに繋ぐことのできるサービスを提供していた。

 それに実は、その店内では他の客が、無断で充電しているのを見かけていた。が、道義上、無断では使用したくなくて、我々は店員さんにお願いしたのだ。

 ところがさきほどの対応の上、無断使用している客には、見て見ぬフリである。そのことを指摘しようと思ったが、いずれにしても互いに不愉快な結果になると判っていたので、コーヒーを持って、早々に店を後にした。

 ところで写真に映っているコンセントは、最近、店舗を改装してリニューアル営業を始めた、近所のファミレスである。近頃ではどんな店でも、無料でWi-Fiを提供して、充電のサービスに応じてくれる。そういうサービスを提供することで、相乗効果として、売上向上を目指すことは、誰でも理解できる。


tokichi_0708_03.jpg
ファミレスの壁に自由に使えるコンセント。

 もちろんマックはハンバーガーを売るのが目的の店だし、スタバやドトールはコーヒーを売るのが目的である。しかし今ではそれらの店の利用が、本来の目的とは違った受け止め方をされているのは、双方、どちらも理解しているし、それだからこそ成り立っていると思う。

 時代だったのか? 地域性だったのか? それともただたんに、その店員のパーソナリティだったのか?

 いずれにせよ、結果的には残念ながら、その企業に対するイメージが損なわれたのは言うまでもない。

アウトドア ライフスタイルブランド 5LAKES&MT公式サイト