憧れのVanLife4 ドアが開かない

  • 2019.07.04 Thursday

20年以上も前のアメ車、しかもあれこれ装備が積み込まれたヴァンなので、いろいろなトラブルが発生することは覚悟していた。

大きなエンジントラブルはないかもしれないが(いつかは起こるかもしれないが)、細かい箇所はあれこれ不具合が発生するだろう。

神戸までクルマを引き取りに行き、帰りにサービスエリアでさっそくVan Lifeを楽しんだことは、すでにこの連載の第一回目で報告した。

で、車内で簡単な朝食を取り、さあ出発という時に、助手席後部のサイドドアが開かなくなった。中から開けようとすると、スムーズに開くが、外からだと反応しない。

とりあえず助手席から手を伸ばして開閉するようにした。

自宅に戻り、いつもクルマを整備してもらっている稲村オートにVanを持って行った。稲村オートの社長である稲村さんは、社長兼、整備士兼、アカウントマネージャー・・・つまりたった一人で修理工場を運営している。で、ソロキャンプに強い憧れがあり、そのことについてあれこれ質問を受ける。

チョーがつくほどフットワークが軽く、チョーがつくほどいい人だ。

「稲村さん、カヤックを積んであるトレイラーのタイヤがパンクしたんだけど、スペアタイヤを見つけてくれる?」なんてお願いしたら、翌日には「現場に行って、タイヤ交換しておきました」なんて、スーパーなことを平気でやってくれる。ボクのカーライフには欠かせない存在なのだ。

稲村さんは、ボクの新しい相棒をしげしげと眺めながら、「へえ・・・すごいなあ」と連発している。

「へえ・・・すごいなあ」の言葉の真意には、素直に「いいな」という意味も含まれているが、どちらかというと「こんな厄介なモノを買ってしまって」という意味も、少なからず含まれている。

「とりあえず雨漏りを修理しなきゃいけないけど、帰ってくる途中にドアが開かなくなって」と言いながら、助手席から手を伸ばしてリアのサイドドアを開けようとする。

「こうやって中からは開くんだけど・・・」

 開かない。
 ついさっきまでは中からは開いたが、今では中からも反応しない。

「うーん、ちょっと診てみましょう」と、稲村さんは優しい笑顔をこちらに向ける。

サイドドアのパネルを取り外し、ドアラッチのコードを辿って行って、稲村さんは言った。


van04_20190704_01.jpg
ドアに顔を突っ込んでいるのが親切な稲村さん。

「ドアラッチの接続部分がプラスティックで、それが割れちゃってますね!」

なるほどそういうことか。

事前にネットで古いアメ車のことをググった時に、樹脂やゴム関係は経年劣化で、早晩、交換が必要になると誰かがブログに書いていた。油脂の漏れは当然のこと、ブレーキや電気系統にも気を付けろと。

心配事は富士山ほどある、ということだ。が、まずはドアの開閉のことを考えなけれならない。

幸いなことに、今ではEbayという便利なサービスがある。

年式、型式を入れれば、いろいろな部品が出て来る。しかもアメリカから送られて来る割には、送料は2000円ほどで、約1週間から10日で手元に届く。


van04_20190704_02.jpg
修理必要箇所にリベット留めとか、アメ車は理解不能。


van04_20190704_03.jpg
アメリカから部品が届くまで、ドアが開かないというのも困るので、なんとか結束バンドで接合。

ボクはさっそく必要な部品をオーダーした。

「おそらく次から次へと壊れて行くので、ついでに他のドアのラッチもオーダーしておいたほうがいいかも」
稲村さんは柔和な笑顔で、恐ろしいことを助言してくれる。

そしてその稲村さんの助言どおり、次から次へとドアが開かなくなったのである。
あゝ・・・アメ車、恐るべし。


van04_20190704_04.jpg
この2枚のドアが開かないのは、ほんとに不便だった(笑)

憧れのVanLife3

  • 2019.07.01 Monday

VanLifeを始めた。

きっかけは移動可能なオフィスだ。そしてそれよりもっと大きな動機が、愛犬、スパーキーの存在だ。居住空間が大きなVanであれば、スパーキーをどんな旅でも連れて行ける。そのことについては、前回のブログでも報告した。

だがしかし、自分をVanLifeへと導いたきっかけは、数年前に読んだ記事の影響も大きいことを伝えなければならない。

その記事とはあるメジャーリーガーが、古いワーゲンのVanで生活しているという記事である。

彼の名前はダニエル・ノリス。メジャーリーグ「ブルージェイズ」の投手で、年間、2億円もの契約を結んでいながら、1978年製のワーゲンのキャンパーで暮らしている。彼は自身のファイナンシャルプランナーに、生活費として月に8万円だけ自分の口座に振り込んでもらい、その予算でVanでの生活を続けている。

van_life.jpg 写真 出典元:ESPN THE MAGAZINE THE MAN IN THE VAN

その記事の内容に、VanLifeの真髄が込められている気がした。

日本でもVanLifeを実践している人は多く存在する。
だがそれらの記事を読んでいても、どうもしっくり来ない。

例えば「どこそこで車中泊ができますよ」という内容であったり、「どこそこの温泉が気持ちよかった」という内容であったりする。

だが本質はそこなんだろうか?

24年前に横浜から河口湖に移り住んだ。

移住して間もない頃、高速バスで新宿に行った。

その頃、河口湖の自宅ではテレビも映らなかったので、いろいろな情報が入って来なかった。インターネットという言葉さえ、遠い未来のような存在であった。

情報が入ってこないという状況では物欲も起きない。ところが不思議なことに、バスが新宿に到着した瞬間に、物欲が湧き出すのを実感する。当時の高速バスの発着場所はヨドバシカメラのすぐそばである。その店頭を通り過ぎる瞬間に、新機種の携帯電話やデジタル・カメラの誘惑が待ち受けている。

その誘惑を振り切って歩を進めると、どこからか食欲をそそる香りが漂ってくる。時計を見るとまだ10時を過ぎたばかりだ。なのにその香りに誘われて空腹感を覚える。さらには薄着の若い女性が目の前を歩く。河口湖自宅周辺には猿や鹿、あるいは老婆しか歩いていないので、その女性の後ろ姿を下品なまでに見つめる自分がいる。


vanlife_03_01.jpg
VanLifeとロングトレイルを歩くことは、驚くほど似ている。好きなところで眠り、水や食料の有り難さに感謝する。

以前、同じようなことを経験した。

あれは次男が誕生した年で92年のことである。当時はオートキャンプ・ブームで、それに関連する仕事に忙殺されていた。取材続きで西湖のキャンプ場に、なんと5週間連続で宿泊していた。

そうなると生活が極めてシンプルなモノになる。

朝目覚めて湖畔を走る。そしてそのままカヌーを漕ぎ出し、気持ちのいい場所に着いたら湖に飛び込む。シャワー代わりに身体を清めたら、朝食の準備をする。

日中、様々な取材や撮影をこなし、夕食の準備を始める。食後は酒を呑みながら焚き火の炎をいつまでも眺めている。

そんな生活を3週間続け、その後、横浜にいる家族を迎えに行き、さらにプライベートでの2週間のキャンプを楽しんだ。

それまでの3週間は、ほとんど原始人のような生活をして、なんの物欲もわかなかったのに、家族を迎えに横浜に行った瞬間に、ボクはあらゆるモノを買い求めた。きっとまだ生後2ヶ月の次男をキャンプに連れて行くために、いろいろな準備をしたかったのだと思う。


vanlife_03_02.jpg
ダニエル・ノリスはジャック・ケルアックを愛読しているらしい。ちょっとロードムービー風なショットを。

つまりこういうことだ。

人は情報に依って物欲を募らせる。さらにはそこに一抹の不安感があれば、益々消費スパイラルに陥る。

その昔、石油ショックと言われた時代に、人々がトイレットペーパーを買い漁った例の騒動が象徴的だ。

トイレットペーパー騒動は極端な例かもしれないが、「友人の誰それさんが持っている便利モノを、自分は持っていない」ということも一種の不安感だろうし、流行りのタピオカやスムージーを食したことがないことも、取り残されるという焦燥感を抱かせるかもしれない。

さきほどのメジャーリーガーである、ダニエル・ノリスの記事の内容に戻ろう

その記事で彼はこう話している。

「自分が恐れていることは、他人の掟で生きること」

「チームメイトは大好きだけど、頼るのは嫌なんだ。ピッチャーは孤独なマウンドに立たないといけない。ある人はそれに耐えられないかもしれないが、自分はそれが好きなんだ」

2億円の契約をした後、彼の同僚たちは高級店に行き、ブランド品や貴金属を買い漁ったそうだが、彼は1000円くらいのTシャツを一枚買っただけだった。


vanlife_03_03.jpg
VANでも歩きでもカヤックでも、旅を続けることは楽しい。

大勢に流されない価値観を持つこと、不要な物欲を捨て去ること、シンプルな人間関係を構築し、他人に媚びることなく、自分の考えを貫くこと。さらには、他人からどのように見られるかではなく、自分自身がどのような生き方をしたいのか? それを追求することも、VanLifeの本質ではないか、と考えている。決してVanの中で暮らすことだけが、VanLifeではないのだ。

この連載のタイトルは「憧れのVanLife」である。しかしボクが憧れているのはVanLifeそのものではない。そこに秘められているライフスタルの真髄に迫りたいのである。


vanlife_03_04.jpg
旅の相棒。

アウトドア ライフスタイルブランド 5LAKES&MT公式サイト