時間のプレゼント

  • 2018.06.22 Friday

 今から32年前、長女が生まれた記念に、初めてフルマラソンを走った。場所は奇しくも、己が終の棲家と決めた「河口湖」。当時は世田谷区の用賀で暮らしていたが、なにかの縁を感じたのだろうか?

 その初めてのマラソンを3時間45分で完走し、その後、通常ならそのタイムを少しでも縮める
為に、より走力を付けて行くが、ボクの場合は「もっと長い距離にチャレンジしたい!」との思いが強く、トライアスロン、さらには過酷なアドベンチャーレースへとシフトしていった。

 ところが92年に参加した「レイドゴロワーズ」オマーン大会では、初日から乗馬のトラブルで足の小指の骨を折り、それでも大金を出してくれたスポンサーの手前、中途半端にリタイヤする訳にも行かず、食うや食わずの状態で足を引きずり、なんとか12日間、レースを続けた。

 もうこうなると、なんのために、誰のために、チャレンジを続けているのかまったく分からなくなり、また原点に戻って、マラソンを走り始めた。

 特に95年に河口湖に移住してからは、毎年、11月末に地元で開催される河口湖のマラソンを走った。

 自分が生まれた時に父親が走ったエピソードを、散々、聞かされ、しかも中学生の頃から「走れ、走れ」と尻を叩かれていた娘は、その反発からか、ランを趣味としなかった。

 そんな彼女もいつの間にか二児の母親となり、次女を産んだ後から本格的に走り始めた。もちろん理由は美容とダイエットである。

 ところが走ることを日課とするうちに、ママ友で走る仲間を見付け、自らレースにエントリーをして走るようになった。

 一昨年の正月には一緒にタイのクラビを旅したが、毎朝、娘と一緒にビーチを裸足で走ったことは、とても素晴らしい旅の思い出となった。

 先週の日曜日(注:2018年6月17日)、5LAKES & MTの河口湖店オープン記念のイベントが開催された。ハーブフェスティバルが開催されている、湖畔の2つの公園を巡るランニング・イベントだ。

 そのイベント開催を知った、我が家の隣の別荘に住む、イギリス人の父息子が二人で参加してくれた。

tokiti_03.jpg

tokiti_06.jpg

 我が娘も、ラン&ママ友を誘って参加してくれた。

 梅雨時期の中、奇跡的に晴れ間が広がり、雲の中から美しい富士山の姿も見られ、参加者、約30名と気持ちよく10キロを走りきった。

tokiti_01.jpg

 ボクの後ろではイギリス人の父息子が、走っている間、ずっと楽しそうに会話を続け、我が娘たちのグループも楽しそうに走っていた。

tokiti-8.jpg

tokiti_04.jpg

tokiti_05.jpg

 走り終わった翌日になって、その日は「父の日」であったことに気付いた。モノをプレゼントすることは簡単だ。もっとも「父の日」であることを忘れなければ。

 ところが父が開催したラン・イベントに参加すること。しかもラン仲間を伴って参加することは、それを日課としていなければ不可能だし、そういう環境を時間をかけて作らなければ、実現できないことである。

 娘が生まれて32年。これまでに忘れずにプレゼントをくれた年もあれば、そんな日なんて最初から存在しないみたいに、なんの言葉もない年もあった。

 だが今年の「父の日」、娘が贈ってくれた素敵なギフトは、生涯、忘れ得ぬ思い出となったのである。

Rim to Rim to Rim

  • 2018.03.20 Tuesday

どんな旅をする時でも、いつもカメラやビデオなどの大切なモノを入れて運ぶ小さなスーツケース。いろいろな所に連れていったので、あちこちに傷が付き、細かい凸凹も一杯。
そのスーツケースに新たな一枚のステッカーを貼った。

RimtoRimtoRim_02.jpg

「Rim 2 Rim 2 Rim
45マイル(72キロ)21000バーチカル(標高差6300メートル)をハイクした!」

前回のこのブログでも紹介したが、この「RIm to Rim to Rim」のことは、いろいろなところで耳にしていた。
ある者は水と携帯食だけを持ち、僅か13時間ほどで往復し、ある者は5日間掛けて片道だけを歩く。(その場合、行きか帰りはバスに4時間ほど揺られることになるらしいが)

RimtoRimtoRim_01.jpg  
どのようなスタイルで歩こうとも、共通の意識は「この壮大なスケールのキャニオンを端から端まで見てみたい」ということだ。
グランドキャニオンを訪れるほとんどの観光客は、キャニオンの淵に立って、そこを見下ろすだけだ。
過去3回、ボクも同様にここを訪れ、その淵に立って見下ろした。
好奇心に駆られて、少しトレイルを降りてみる者もいるが、谷底のコロラドリバーまで降りてみる者は、極々、僅かで、ましてや南のリムから北のリムまで歩く者は少ない。

RimtoRimtoRim_03.jpg

当初、一日で往復することも視野に入っていた。が、熟考すればするほど、この壮大なキャニオンの様子をじっくりと見てみたい、という気持ちが強くなった。特に我々が歩く2月下旬は、ノースリムへの一般道は、雪ですべて閉鎖されている。つまりこの時期、ノースリムに行くには、サウスリムから歩いて往復するしかないのだ。その誰も行くことのできない閉ざされた谷に、どんな自然が待ち受けているのか?

RimtoRimtoRim_04.jpg

最終的に、一日に約25キロほどの距離を歩き、2泊3日で全行程を歩くことにした。2泊とも、ノースリムの直下に位置するコットンウッド・キャンプ場を利用し、そこで必要なテントなどの機材を全部背負って行くことに。
10時間前後、歩くことが予想されたので、飲料水を含めると、約12キロほどの荷物になった。だがこれでも機材の軽量化に成功している。昨年のカララウ・トレイルの時は、15キロ以上ものザックを背負ったのだ。

RimtoRimtoRim_06.jpg

実際に「Rim to Rim to Rim」を歩いてみて強く感じたのは、「こんなにも美しいトレイルが、この世に存在するのか・・・」という素晴らしい感動であった。上からキャニオンを見下ろすと、荒々しい不毛のトレイルを歩くことを想像していたが、実際にはいろいろな植生が繁殖し、季節で言えば、冬と春が交錯するほど、多用な自然に巡り合った。

RimtoRimtoRim_07.jpg

ノースリムのもっとも標高の高いところが2400メートルの雪の中。そしてもっとも標高の低い700メートルのコロラドリバーの畔に行くと、河岸のビーチで水遊びをする人たちの姿が。
そんなめまぐるしいほどの多様な自然の中を、一本の細いトレイルがどこまでも続いていた。

RimtoRimtoRim_05.jpg

さてこのトレイルを歩くのには、グランドキャニオンのバックパッカー事務局に事前に許可を受けなければならない。

ごく一部の人たちに対する情報となるが、参考までに問い合わせ先を記しておく

https://www.nps.gov/grca/planyourvisit/winter-recreation.htm

このページに行って、「Backcountry Permit」をクリックすると、いろいろな手順が記されている(すべて英語)
最終的にはFAXにて、自分の希望する日程やクレジットカード情報などを書いて、送ることになる。

また我々も今回のハイクで初めてその存在を知ったのだが、コロラドリバーの畔に位置する「ファントムランチ」を利用すると、ハイクの方法に様々な選択肢が生まれる。手軽にハイクを楽しみたければ、ロバで己の荷物を運ぶことさえ可能なのだ。
この辺りは「オプションの国であるアメリカ」らしいサービスに溢れている。

ファントムランチのサイトは以下。
https://www.grandcanyonlodges.com/lodging/phantom-ranch/

ここを巧く利用すれば、体力に自信のない人でも、それなりにトレイル・ハイクを愉しむことが可能だろう。

世界中から多くの人々が訪れる観光地「グランドキャニオン」
そのキャニオンの中では、大勢の観光客がまったく想像がつかないような、大自然のドラマが繰り広げられているのである。

RimtoRimtoRim_08.jpg

アウトドア ライフスタイルブランド 5LAKES&MT公式サイト