システムさえわかりゃ、なーんも怖くない

  • 2018.03.08 Thursday

tk_20180308_01.jpg

旅を続ける上で、もちろん多少の語学力は必要かもしれないが、より大切なのはシステムを理解することである。
前回、レンタカーについて話したが、例えばガソリン・スタンド。

買い物やホテルのチェックインの際には、ほとんどの日本のクレジットカードが使えるが、パーキングやガソリンスタンドなどの、機械のみの場合、日本のクレジットカードがはじかれる場合がある。これは日本のカードに限ったことではなく、米国内でも州が違えばはじかれるケースもあると言う。

アメリカの場合、ほとんどがセルフでのガソリン補給となるのだが、前払いというケースがほとんどだ。
例えばガソリン・スタンドに到着する。で、自分が補給したいポンプの番号を記憶して、店内に入って、レジカウンターで「〇〇番」と告げる。

するとレジの人は「いくらチャージするか?」と尋ねてくる。

最初はこれで戸惑う。

何故か? 借りたレンタカーにどれくらいのガソリンが入るか、まったく見当が付かないからだ。
ボクの場合は、ガソリンが約半分になったところで、とりあえず10ドル分をチャージしてもらうことにしている。

今現在、ガソリンは約リッターあたり70円から80円くらい(もちろん単位はガロンだ)。つまり10ドル分で15リッター近く入る。

で、エンジンをかけてメーターを見ると、だいたいの燃費が分かる。

その後は、必要に応じて20ドルチャージしたり、25ドルチャージする。が、アリゾナなどの田舎を走る時には、半分以下になる前に、とりあえず満タンにしておいたほうが無難だ。

ちなみに日本のJAFカードはアメリカでも使える(AAA)。

あと、町中を通過する際に、ロータリー式の交差点があるので、その入り方も要注意。ロータリーに入る際には徐行で、出る時は優先なので一旦停止の必要もない。信号機がないので、ここで戸惑うとまずい。

tk_20180308_02.jpg

最高時速は75マイル(120キロ)のところが多く、対面車線の場合、追い越していいゾーンと駄目なゾーンがある。2車線あれば、必ず右側、つまり走行車線を走っているのが無難。

あとは右折の場合、ほとんど信号に関係なく右折できる。但し赤信号の際には一旦停止して、左側からクルマが来るかどうかよく確かめる必要がある。

ホテルのチェックインの際には、必ずIDとクレジットカードの提示を求められるので、両方共持参してチェックインすること。

高級ホテル(我々には無縁)以外は、ほとんどの安いモーテル(我々には常宿)には電子レンジと冷蔵庫があり、食事代を安く済ませたい場合(我々にはいつも)は、スーパーで冷凍食品を買ってくれば(これがまた充実している)、かなり経費を節約できる。

tk_20180308_03.jpg

ここまで読んで、よく理解できると思うが、アメリカはクレジットカード社会である。僅か10ドルでもカードを使ったほうが便利。ボクは安全の為にも現金は小銭以外持ち歩かないことにしている。スーパーマーケットでの買い物もすべてカードだ。逆に100ドル紙幣などで支払うと、嫌がられることもある。

tk_20180308_04.jpg

毎朝のランニングは、旅先でも欠かさないことにしている。

現地の時間にからだが慣れることも早くなるし、なによりも旅先での地理が頭によく入る。これまで朝のランニングで、よりいいモーテルを見付けたり、美味しいレストランを見付けることも多数。朝のランニングに損はない。

あとは現地の人(ホテルやレストランの従業員、スーパーの店員、土産物屋の人)を質問攻めにすること。きっと現地での旬な情報が得られるはず。

アメリカ人は話好きだから、質問攻めにすると、親切になんでも教えてくれる。

どこまでも行こう!道は厳しくても・・・♪

  • 2018.03.02 Friday

tk_colum20180302_01.jpg

広大なるアメリカ大陸、日本と違って公共交通機関がすべての地域に網羅されているわけもなく、クルマがないと行動範囲が極端に制限される。

我々の活動も、レンタカーに拠って支えられている部分も大きいので、その経費、並びにそのクオリティが旅の快適さを大きく左右する。

実は2014年のメキシコの旅の後、アリゾナのフェニックスに立ち寄って、そこでD社のレンタカーを借りて、些か不快な思いをしたことがある。アメリカでレンタカーを借りたことがある人なら周知だと思うが、現地の担当者があれこれオプションを強引に勧める。なにも知らないで了承すると、日本での予約時の倍以上の金額を請求される羽目になる。

それ以来、その点には充分に配慮しているが、日本での特典等を鑑みると、どうしても安価の方になびいてしまう自分がいる(笑。特に今回はJAF会員の特典を使えば3万円以上安くなるので、渋々、再びD社のレンタカーを予約してしまった。

で、案の定、ラスベガスで手続きをすると、あれこれオプションを勧める。そのすべてに「No Thanks」と答えるが、なにやら訳の分からぬことに、「ここはすべての人がサインしなければならない」みたいなことを言って署名させる。

もうこれ以上は己の英語能力の限界である。

まあとりあえず、諸々の手続きを済ませてクルマが置いてあるエリアに行って驚いた。

そのエリアにあるクルマの中から、好きなクルマを自分で選べという訳である。

今回、雪道を走るケースが多いと思われたので、日本から小型のSUVをリクエストしたが、これまた驚いたことに、SUVの中でも4駆ではないクルマもあると言う。

とりあえず乗ったこともないクルマなので、「AWD」の表記があるなら間違いないだろうと思い、一台のクルマを選んで旅に出た。
ところが・・・
走り出してメーターを見たら、すでに7万キロ以上走っている。
「去年、LAで借りたクルマは新車だったのに・・・」と舌打ちしながらクルマを走らせる。

tk_colum20180302_02.jpg

次の目的地であるアリゾナのページでタイヤ等を詳しくチェックしたら、タイヤの溝もかなり減っている。
不安な気持ちを抱えつつもそのまま1週間、旅を続けて、約1000Km走った後にニューメキシコのアルバカーキに到着した。
ネットで調べるとD社の支店が、ニューメキシコ州ではこのアルバカーキ空港の支店のみらしい。

たまたま宿泊したモーテルが空港の近所だったので、次の目的地に行くまでに、ダメ元でその支店に行ってみた。
「今のクルマはタイヤの溝も少ないし、かなり距離も走っている。可能であれば交換して欲しい」
驚くほどあっさりと「いいよ!」と言って、無料でかなり新しいクルマと交換してくれた。

tk_colum20180302_03.jpg

新たなクルマに乗り始めると、ロバとサラブレットほどの違いを感じるほど快適だ。(ロバには乗ったことはないが)
それから現在に至るまでの10日間以上(1500Kmほど)、そのクルマは快適に我が旅をサポートしてくれている。
おそらくD社に限ったことではなく、レンタカーに不満があれば、どこの会社でも無料で交換してくれるはず。

旅の重要なファクターを占めるレンタカー。不安な要素があれば、じゃんじゃん己の希望を吐き出したほうがいいのである。

アウトドア ライフスタイルブランド 5LAKES&MT公式サイト